ナマラエンターテインメント江口さんのお話 2018


商工会青年部の関係で、
江口さんの講演を聞きました。

新潟お笑い集団NAMARA、
代表の江口さん。

ナマラって聞いたことあったけど、
全然調べてなかった。

話を聞いたらおもしろい。


まず最初に思ったのが、
木梨憲武っぽい。

雰囲気というか、
はなし方というか、
間というか。


大地の芸術祭の話はありがたいですね。

その場のほとんどの人が、
観光系ではなかったわけで。

しかし作品には関わっているわけで。

作品を作った人がいるんですよね。

建設業とか。

もっと盛り上げるべきだろと。


ナマラの立ち上げとかいいですよね。

全国でも初だったらしい、
地方でのお笑い事務所。

これをいかにして軌道に乗せたか。

そしてオープンイノベーションというか、
ノウハウを解放して、
市場を作っていく感じですね。

先駆者です。


障がい者とお笑い、アート。

障がい者がやりたいこととはなんなのか。


やはり目の付け所であったり、
おもしろいかどうかとか。

新潟にこういう人がいるってのを、
他の分野にも知ってほしいですね。

私は知りませんでした。