カテゴリー別アーカイブ: お笑い

もはやほとんど見ていないけども作ってみたカテゴリー。

ピコ太郎についての考察 2018


そういえばピコ太郎の話ってまだしてない気がする。

前NewsPicksで出ていて、
最近も出ていたので思い出した。


ピコ太郎は何で見たのかもう忘れましたね。

ネットのニュースかな。

「PPAP」ね。

これが世界で話題なのか。

って感じだったんですが、
NewsPicksではマーケティング的な話になるわけですね。


音楽とお笑いの融合というか、
まあ昔から楽器を持った芸人はいるわけで。

古坂さんって底抜けのイメージしかないのですが、
さらに底抜けって「あてぶり」のイメージなんですね。

私の中で。

ある番組であてぶりをやってて、
それを談志師匠が絶賛してた気がするんです。

ピッチを池に2つ投げ入れて、
スキップしながら去っていくとこって覚えてる人いませんかね。

これはすごいなと。

ぴっちぴっち、ちゃっぷちゃっぷ、
らんらんらん。

3人の時かな。

2人からピッチを奪って投げると思うので。


音楽とダンスというか動きとかは、
世界でもいけるんでしょうね。

めちゃイケ台湾の話と似てますけど。

「あてぶり」も英語でやれば、
世界でも通用するでしょ。

その音楽を知ってる国の方がいいのか。

世界的にヒットした曲なら、
世界的にヒットするかもってことか。

著作権があるだろうけど。


安井さんを久々に見て時代の流れを感じる


時代の流れを感じる。


そもそもNHKでブラタモリを見ていて、
その後のドラマをちょっと見てたんですね。

そしたら安井さんが出てました。

その時出演者の名前が下に出ていて、
安井順平って出てて、
久々に安井さんを見たなと思いました。

コンビ名なんだったっけなってなりまして、
ググってみたんですね。

笑う子犬に出てたなって思って。

アンジャッシュじゃなくて、
ジャリズムじゃなくて。

で、
出てきたのがアクシャン。

そうだったっけか。

しかも活動休止してるし。

しかも2002年から。


笑う子犬だけでwikiはないみたいですが、
感じるジャッカルがあったんですね。

知らなかったんですが、
笑う犬とスタッフ陣が一緒だったみたいです。

で、
ジャッカルメンバーのその後って欄がありました。

それがちょっとなんか暗い感じになりました。

ホームチームとかシャカとか長井秀和とか。


当時はだいぶ深夜番組見てました。

ゴールデンよりも圧倒的におもしろかった。

そういうメンバーが引退とかしてるわけですよ。

どんなジャンルでも世代交代とかあるしね。

お笑いも時代によって変わると思いますが、
音楽みたいに、
あの当時の人が好きってあると思うんですよ。

やっぱユニコーンだろ、
とか。

で再結成とか。


アクシャンもいつか活動再開するのかな。

そのための休止なんだろうし。

まあアクシャンファンではないですし、
ネタも覚えてませんが。


THE MANZAI 2014


やってたの知らなかった。

ツイッターで知りました。

そしてググってYouTubeで見ました。


華丸大吉はいつも通り。

個人的におかしいと思ったのが、
グループBは学天即じゃないんかいと。

もうしわけないが、
トレンディエンジェルは途中で飛ばそうと思った。

生で見ると違うんかな。


しかし学天即ってあんなんだっけかな。

周りが悪かったからよく見えたのか。

なんか、
フットボールアワーを筆頭に、
変わったなと思うコンビに入るかも。

いい意味で。


アキナは最初いいと思ったけどなあ。

決勝はビートたけしが、
パンクブーブーみたいって言ってたけど、
私はNON STYLEみたいでちょっと引いた。

パンクブーブーは、
アンタッチャブルの劣化版だと思うので、
その系統か。


しかし久々に漫才見た。


いいともつけたらウンナン、ダウンタウン、とんねるずが出ていた。


ツイッターのTL見てたら、
どうやら「いいとも」やってるらしい流れになっていた。

しかもウンナンとダウンタウンが出ているようだ。

TVを点けると、
いいとも最終回SP的な感じ。

タモリ、さんま、
ウンナン、ダウンタウンが画面に。

なんか豪華。

そこになんととんねるず。

出番はまだなのに勝手に出てきたみたい。

そして思った。

とんねるずデカイな。

2人とも。

タモリさんは小さいかもしれない。

しかし、
他のメンバーよりも頭一つ出てるまではいかないまでも、
デカイのがわかる。

そこに驚くくらい、
この第3世代の3組揃っての共演は少ない。

次はいつになるのか。

歳をとったらビッグ3みたいな感じになるのであろうか。


THE MANZAI 2013をYouTubeで探して見てみた


思い出したように、
YouTubeでTHE MANZAI 2013をちょっと見てみました。

だいたい優勝が誰だかわかりませんでしたし。

検索すると、
2012も混ざってたり、
50組の紹介番組のネタとかあってわかりにくい。

全部のコンビがアップされてるかわからんけど、
何組か見れました。


ウーマンラッシュアワーって初めて見たけど、
おもしろいね。

バイトリーダーのネタは今年なのかな。


オジンオズボーンやっぱおもしろいな。

千鳥に負けたのか。


NON STYLEはそんなに好きじゃないけど、
勝ち上がってますね。


驚いたのが流れ星。

何年も見てなかったけど昔と変わったよね。

フットボールアワーが変わったのと同じ驚き。


結局ウーマンラッシュアワーが優勝なんですね。

勢いもありました。



THE MANZAI 2013 決勝大会進出11組が決定


何週間か前にYouTubeで、
「THE MANZAI 2013」
の認定漫才師50組が出ていた番組をちょっとずつ見てました。

テレビ番組だったのかな。

しかし動画は途中(2時間)で終わりました。

久々に漫才をみておもしろかったけど、
実際は途中に挟んでくる一発ギャグがすごいね。

堂々と自信をもってやってます。

しかし半分くらい知らないコンビかも。

テレビ全然見てませんし。

と言ってもテレビに出ないようなコンビなのかな。

決勝大会進出11組と、
ワイルドカード決定戦進出9組が決まったみたいですね。


A組
レイザーラモン
チーモンチョーチュウ
オジンオズボーン
千鳥

B組
学天即
風藤松原
銀シャリ
ウーマンラッシュアワー

C組
天竺鼠
NON STYLE
東京ダイナマイト
ワイルドカード決定戦勝者

ワイルドカード決定戦
ジャルジャル
和牛
テンダラー
流れ星
磁石
どきどきキャンプ
相席スタート
スパナペンチ
囲碁将棋


とりあえず千鳥が見たいね。

そしてがんばってほしいのが、
オジンオズボーン。

10カラット芸人代表か。

プラスマイナスはどうした。


決勝大会は12月15日。

ん~見れないでしょ。


れんまん!


ツイッターで流れてきた、
「れんまん」。

なんなのかわからんからググってみたら、
なんと即興漫画。

「連歌」×「漫画」。

先手、後手で順番に漫画を1コマづつ書いていくもの。

初めて見たけどおもしろいね。


書いてる過程もおもしろいけど、
最後の解説がおもしろい。

将棋でいう感想戦ですね。

その時どう思ったのか。

こういう意図で描いたのに~
とか
ここはこうするべきだろ~
とかね。


見てる途中は「鶴の間」を思い出した。

オチをどうするのかとか。

しかしちょっと違うよね。

オチよりも、
このコマをどういう意図で描いたのかを聞くのがおもしろい。


カチューシャが頭から離れないが


首相のロシア訪問の辺りで、
ツイッターから流れてきたのが、
ラーメンズの「マーチンとプーチン」。

見たことがあったかなあ、
って感じでしたが、
気になったのが歌ってる曲。

どうやら「カチューシャ」らしい。

ロシア民謡なんだかよくわかりませんが、
これが頭から離れない。

頭から離れないなと思っていたけど、
やっぱ「あまちゃん」のオープニングには勝てない。

ほぼ毎日聴いてるからね。

連続テレビ小説すごいな。


アメトーーク 将棋たのしい芸人


将棋たのしい芸人

シャンプーハットてつじ
つるの剛士
小藪
ワッキー
インパルス板倉
フルーツポンチ村上
ザブングル加藤


狩野の「将棋のチップ」から始まりました。

佐藤紳哉さんが出た時は、
ハッシーバージョンが出ると思いましたが、
残念ながら出ませんでしたね。

出しちゃダメだったのかな。