作成者別アーカイブ: kazunori Murayama

kazunori Murayama について

松之山温泉山の森のホテルふくずみネット担当者。

ラジオとオーディオブック 2018


料理を始めてから、
ラジオを聴くようになりました。

そして、
最近はあんまり聴かなくなった。

これはね、
まずGPSが入りずらい。

ラジオではなく、
ラジコで聞いてるわけ。

スマホね。

これが最近入らなくて使えない。

地域判定中ってなるんですけど、
判定されないんですね。

で、ダメでしたってなって、
やり直すを押してって繰り返し。

リアルタイムで聴くのは、
session22、
大倉くんと高橋くんくらいかな。

タイムフリーで、
オードリーのオールナイトニッポン、
東京ポッド許可局、
木梨の会。


音楽はほぼ聴かなくなった。

これはオーディオブックを聴くようになったから。

結局オーディブルをそのまま使ってます。

この夏にシステム変更になって、
松本人志の放送室を聴いてます。

おもしろい。


ラジコが入りにくいけど、
現在のベストは、
調理場でラジコのタイムフリー、
車でオーディブルですね。

音楽は聴くのがなくなったら聴く。


ナマラエンターテインメント江口さんのお話 2018


商工会青年部の関係で、
江口さんの講演を聞きました。

新潟お笑い集団NAMARA、
代表の江口さん。

ナマラって聞いたことあったけど、
全然調べてなかった。

話を聞いたらおもしろい。


まず最初に思ったのが、
木梨憲武っぽい。

雰囲気というか、
はなし方というか、
間というか。


大地の芸術祭の話はありがたいですね。

その場のほとんどの人が、
観光系ではなかったわけで。

しかし作品には関わっているわけで。

作品を作った人がいるんですよね。

建設業とか。

もっと盛り上げるべきだろと。


ナマラの立ち上げとかいいですよね。

全国でも初だったらしい、
地方でのお笑い事務所。

これをいかにして軌道に乗せたか。

そしてオープンイノベーションというか、
ノウハウを解放して、
市場を作っていく感じですね。

先駆者です。


障がい者とお笑い、アート。

障がい者がやりたいこととはなんなのか。


やはり目の付け所であったり、
おもしろいかどうかとか。

新潟にこういう人がいるってのを、
他の分野にも知ってほしいですね。

私は知りませんでした。


熊野本宮大社に行ってみた 2018


熊野古道を歩こうと思い、
調べてみたものの、
これは時間がないわってことで本宮のみ。

熊野三山(本宮・速玉・那智)回ろうと思ったけどね。

歩きは無理やし。


南から行きました。

山の中ですね。

山を崩して新しい道路を作っています。

昔は大変だったでしょう。

駐車場は河原かな。

道路に上ってくると、
観光協会があります。

新しい。

道路の向かい側が本宮。

外国人はあんまりいないかな。

八咫烏(やたがらす)はいます。

神武天皇を奈良まで導いた鳥です。

山の中ですからね。

向って左から、
夫須美大神・ふすみのみこと(伊邪那美大神・いざなみのおおかみ)
速玉大神・はやたまのおおかみ(伊邪那岐大神・いざなぎのおおかみ)
家津御子大神・けつみこのおおかみ(素戔嗚尊・すさのおのみこと)
天照大神・あまてらすおおみかみ。

御主神は素戔嗚尊で、
樹木を支配する神。

紀国(木の国)ってことですね。


伊勢に七度、熊野に三度、
どちらが欠けても片参り。

蟻の熊野詣。

っていうほど人はいなかったかな。


大地の芸術祭にファミリーが増えた気がするって話の考察 2018


大地の芸術祭にファミリー層が増えたのではないか、
って話を聞きました。

今回はあまり回ってないので気づきませんでした。

これはなぜなのか。


ファミリーって何歳?

親が30代で、
子供が小学生かな。

ということはだ。

おそらく、
2000年代に来ていた若者が、
結婚して来ているリピーターではないかと。

これ正解でしょ。


芸術祭初期は学生とか若者が来る感じだったけど、
徐々に浸透していき様々な客層になっていったのかな。

そして毎回取り込んだ新規がリピートしていき、
リピーターは増えるわけです。

そうすると、
若者はリピートしていく中で、
結婚してファミリーになる。

これ正解でしょ。


雪マジって、
若いときにスキー場に行かない人は、
大人になったら絶対行かないって話だったと思う。

当然子供ができても、
ファミリーでスキー場には行かんわな。

音楽は、
若いときに聞いてた曲を、
一生聴くって聞いたことがある。

子供ができると、
その子供は親が聴いてる曲を聴いて育つでしょ。

ライブとかも親子で行く人いるでしょ。

子供も嵐ファンでしょ。


芸術祭も、
子供ができれば子供連れて行くよね。

このサイクルの広がり、
知的文化水準の高まりっていいですよね。

それが新潟で見た、チームラボだったのではないかなと。

ファミリーばっか。

都会と田舎の違いは、
イベントと美術館って話ですが、
新潟でもこういうのが密かに広がっているのではなかろうか。


ピコ太郎についての考察 2018


そういえばピコ太郎の話ってまだしてない気がする。

前NewsPicksで出ていて、
最近も出ていたので思い出した。


ピコ太郎は何で見たのかもう忘れましたね。

ネットのニュースかな。

「PPAP」ね。

これが世界で話題なのか。

って感じだったんですが、
NewsPicksではマーケティング的な話になるわけですね。


音楽とお笑いの融合というか、
まあ昔から楽器を持った芸人はいるわけで。

古坂さんって底抜けのイメージしかないのですが、
さらに底抜けって「あてぶり」のイメージなんですね。

私の中で。

ある番組であてぶりをやってて、
それを談志師匠が絶賛してた気がするんです。

ピッチを池に2つ投げ入れて、
スキップしながら去っていくとこって覚えてる人いませんかね。

これはすごいなと。

ぴっちぴっち、ちゃっぷちゃっぷ、
らんらんらん。

3人の時かな。

2人からピッチを奪って投げると思うので。


音楽とダンスというか動きとかは、
世界でもいけるんでしょうね。

めちゃイケ台湾の話と似てますけど。

「あてぶり」も英語でやれば、
世界でも通用するでしょ。

その音楽を知ってる国の方がいいのか。

世界的にヒットした曲なら、
世界的にヒットするかもってことか。

著作権があるだろうけど。


皇大神宮(伊勢神宮・内宮)に行ってみた 2018


天照大御神が祀られている、
皇大神宮(こうたいじんぐう)。

伊勢神宮の内宮(ないくう)ですね。

まずは一礼して宇治橋を渡りましょう。

中央分離帯があるので気を付けて。

右側通行やね。

五十鈴川の御手洗場。

雨っぽいので流れが速いかも。(笑)

鳥居が多いよね。

そのたびに礼をするのかどうなのか。

くぐる前に礼、
くぐったら礼みたいに。

内宮神楽殿(ないくうかぐらでん)。

ここで受け付けして、
お祓いをしてもらいます。

とりあえずスルーして先に進みます。

ここが皇大神宮。

撮影禁止ですので階段下から。

お参りしていると、
入っちゃいけないところに人が入ってきました。

内側ね。

砂利のとこ。

横から神官に連れられてスーツ姿の若い人2人。

大々的なお祓いなのかどうなのか。

そういうオプションがあるのかな。

見ないで帰ってきましたが。

荒祭宮(あらまつりのみや)。

天照大御神の荒御魂(あらみたま)。

荒々しく御神威をあらわす働きの御魂を祀っているのかな。

隣が空いていて、
建て替えの場所ってことでしょう。

階段から木が出てきたのか、
木があるところに階段を作ったのか。

荒々しい。


戻ってお祓いしてもらいました。

待合所のスピーカーの音が小さいのか、
聞こえない人がいたみたい。

人が多いとね。


外国人もいるけど、
多いってほどでもないかな。

日本人がお祓いしにくるところなのかな。



南紀白浜マリオットホテルに泊まってみた(朝食編)


南紀白浜マリオットホテルの朝食です。

まずはオムレツ。

窓側じゃなかったので、
海の写真はないです(笑)

半分くらい外国人だったかな。

団体はいなかったと思います。

ファミリーがいたり、
若い人がいたり。

ビジネスマンはいないか。

ゆっくりしたい人でしょうね。



W杯準決勝を渋谷M-SPOで見てみた 2018


オードリーのラジオを聞いたからってわけではないですが、
サッカーバーに行ってきました。

W杯準決勝「クロアチア – イングランド」。

3:00からです。

どこで見れるのか。

恵比寿FooTNiKかなと思ったけど、
3:00に恵比寿はどうなのかと。

大崎は前行ったし。

ということで渋谷で探しました。

ざっと歩いて、
エスタディオ、HUBは、
やります看板出てました。

M-SPOって行ったことないけど、
看板出てます。

ここにしようかな。

ってことで、
M-SPO。

3:00ちょっと前に入店。

イベント料金になっていて、
3000円で飲食チケット4枚付き。

チケットはドリンクに使うか、
つまみに使うか。

奥の空間は50人以上入るかな。

画面は大1、中1、小3くらい。

手前の入り口付近のカウンターは、
ドリンク引き換え場と喫煙場。

ここも画面があります。

とりあえず2枚使ってソーセージ盛り合わせ。

1枚使ってハイボール。

大画面付近はイングランドサポーター10人くらいの団体。

なにじんかわかりませんが。

先制点は大変な盛り上がり。

私の前にもイングランドサポーター10人くらいの団体。

その奥も外国人3人がイングランド。

50人くらいいて、
半分以上がイングランドサポーターっていうのが、
先制点でわかった。


ハーフタイムでつまみは終了。

後半は寝てる人が何人かいます。

もう4:00すぎやし。

団体もいなくなったりして、
その席を空いたもの思い、
見やすいとこに移動する人もいますね。

まあ後で帰ってくるんですけど。

喫煙場でずっと見てる人もいるしね。

クロアチアが同点で、
クロアチアユニ着てる人ははしゃぎます。

延長までくると、
静かに見ていた人も酔っ払ったのか、
プレーに対し一喜一憂。

そしてクロアチアが逆転で終了。

そして即画面終了。

いや、
店も大変ですよ。

5:30やし。


さすがにW杯準決勝だと生中継やってるとこ多いね。

そして、
外国人のリアクションがおもしろい。(笑)



豊受大神宮(伊勢神宮・外宮)に行ってみた 2018


伊勢神宮の外宮(げくう)に行きました。

豊受大神宮(とようけだいじんぐう)。

豊受大御神(とようけのおおみかみ)が祀られています。

正面からではなく、
違うとこから入ったみたいですね。

北御門でした。

正面とかはないのかな。

静かな感じです。

小雨で人は少ないです。

みんな傘を差してないんですけど、
傘って禁止でしょうか。

私は注意されるまで差してました。

注意されませんでしたが。

この空間はなんなんだ。

って思ったけど、
隣が正宮なので移る用の場所だなと。

ググると、
古殿地です。

前回の遷宮まであった場所です。

次ここに移るとは限らないのかな。

外宮の正宮。

撮影禁止です。

天照大御神の食事を司る御饌都神(みつけかみ)、
豊受大御神。

衣食住、産業の守り神のようです。


神宮の祭典は、
内宮よりも外宮が先に行われるので、
参拝も外宮を先に参拝するようですね。

外宮先祭(げくうせんさい)です。



大谷資料館に行ってみた 2018


大谷資料館って知りませんでした。

石切り場があるって話で、
行ってみました。

宇都宮の近くかな。

ここから地下に入ります。

外は暑いですが、
地下は多分涼しいでしょうね。

料金は800円。

事前に調べていたので、
そんなに驚きはないですが、
広い空間です。

1919年から1986年まで掘っていたようです。

野球場が入るくらいの広さ。

見学できるのはその一部。

戦時中は工場だったようです。

現在は撮影やコンサートに使われています。

ドラマ、映画、音楽のPVなど、
壁に写真が飾ってありました。

わかったのは、
GLAYのSOUL LOVEくらいかな。

地下空間は温度湿度変化があまりないので、
いろいろ保存にいいみたいです。

政府米の保存だったり、
ワインがいいのかな。

出入口には石切りの工法とかの資料があります。

なかなかおもしろいですね。