カテゴリー別アーカイブ: 考察

何を考えているのか。

オードリー若林の共感性と言語化についての考察


ラジコのタイムフリーで聴いてる中で、
オードリーのオールナイトニッポンは結構好きです。

何回か書いてると思うけど、
ロビンマスクの話が好きなんですが、
今回もなかなか興味深い話でした。

2021年9月18日深夜の回。


まず、
オープニングトークの、
御曹司の話がおもしろかった。

御曹司と飲んでるような人から、
見下されてる気がする。

漫才師じゃなくて御曹師になればよかった。

「フェラーリとポルシェどっち買おうか迷ってるんだよね。
どっちも買えばいいか。」
「そうだな。」
「へへへ。」
「どうもありがとうございました。」
って今と変わらない。

御曹司も御曹をつくるためにがんばっている。

この話って本筋とずれて派生して、
漫才みたいに話の中に入れてきてるのがおもしろい。

ロビンマスクは落語だったけど、
御曹司は漫才ですね。

これがトークゾーンじゃなくて、
オープニングですから。


若林さんのトークゾーンは、
ブランド物がなぜ好きになれないのか。

これは共感しますね。


本題に入ります。

オードリーのオールナイトニッポンは人気があり、
時間帯の聴取率が長い期間ずっと1位とのこと。

業界関係者も聴いてる人が多いみたい。

ある記事で、
オードリーの人気は若林の「しゃべりの共感性」、
春日の「自分にない物を持っている感じ」、
って書いてる人がいました。

そう言われてみればそうだな、
ということ。

さらに言えば、
言語化できていなかったことの言語化。

さらに言えば、
ジョブズの「ユーザーに聞いてもわからない」、
に繋がって、
カリスマ性が高まります。


この1回だけで、
ブログが2本書けますね。

人を見下す人についてと、
ブランド嫌いについて。


NFTを所有することについての考察 2021


NFTを知ったのは、
ジャック・ドーシーの初ツイートが落札された時かな。

そして、
どんどんクリエーターが自分で販売できる環境に変わってきている。

NFTは買ってどうするのか。

リアルなアートは、
所有して飾るとか、
価値が上がるまで寝かせて売るとか。

NFT(Non-Fungible Token)も同じなのかな。

ネット上で飾る、
そのうち売る。

そもそもシェアリングとか言われて、
所有は時代遅れ的になってきたのではないのか。

家は買うな、
ウーバー、エアビーなど。


所有することにより、
応援の意味があるのかなと。

ファンとして所有する。

サッカーではファントークンが流行ってきてますが、
ユーティリティトークンというらしい。

特典もいろいろあって、
一緒に盛り上げてる感があるんでしょう。


シェアリングからまた所有の時代になるってわけではなく、
NFTがシェアリングの時代になるってわけでもないでしょう。

ジャック・ドーシーのツイートも、
みんな見れてたわけだし。

売る側の売り方が変わってきたと。

メルカリどうすんのかな、
って思ってたらもうやってるのか。

って思ったら、
ブロックチェーンでの証明書付の絵だった。


例えば写真のデータを売ったとすると、
買った人はそれを使って二次利用ができるってことですかね。

それはちょっと怖い気がする。

悪用しようと思えばできるってことかな。


ただ、
写真、動画、絵、曲、音声など、
データ化して売る時代に突入ってこと。

これは前から言っている、
「いくら稼いでいくら使ったか」ではなく、
「何を作ったか」にステイタスが変わってきていて、
この速度が速くなってきている。

総クリエイター時代。


BSテレ東のYouTube広告についての考察 2020春


YouTubeを見ていると、
右の広告にドラマの広告が。

BSテレ東のサイレント・ヴォイス。

BSテレ東がYouTubeに広告ですか。

これがすごいんだ。

見てみました。


全話無料。

公式がYouTubeで全話無料。

そして、
このドラマの中で「特別篇&シーズン2」の、
告知をするわけです。

YouTube広告で見せるドラマで、
広告を刷り込む。

そう。

ドラマで何回も告知がされるわけ。

これはすごいね。


無料でコンテンツを披露して、
それを次につなげる。

キンコン西野さんの絵本っぽい。

って違うのは、
無料でコンテンツを披露するのに、
広告を打ってるってとこか。

これもすごい。

さすがテレビ局。

資金力を使って、
さらにリーチをとっていく。

それをまたブログで書く人いるんだな。

これは前も書いたな。

孔明の罠にハマっとるやないか。


みんなと違う情報を仕入れた方がいいのかについての考察 2020春


キンコン西野さんの話で、
ツイッターを止めた理由の中に、
同じ情報というか感情を仕入れていても、
差別化できないって話がありました。

情報源を考えるべき。


昔はみんなが同じものを見ていました。

街頭で力道山とか。

ガンダムとか。

世代による違いもそういうことなのかな。

でも子供の頃はそうだけど、
大人になると環境がバラバラになり、
違いが出てくる。

団塊の世代といっても、
実際はいろんな人がいるってこと。

時間が経てばどんどん違いがでてくる。


私は結構情報を何で仕入れるかを聞くことがあります。

私はあまりテレビ、新聞、雑誌を見ないので、
4マスではラジオを少し。

あとはオーディブル、feedlyで数人のブログ、NewsPicks。

本はどんどん積み重なって、
なかなか読めていません。

電子書籍も。


人と違う情報に触れるのはいいことでしょう。

ただ、
放送室で高須さんが言ってましたが、
「誰でも知っているものは知っていた方がいい」。

有名な作品。

映画やドラマ。

その理由は、
知らないとコンテキストを共有できないから。

比喩的表現がわからないから。

ヤムチャの強さを知らないと、
ヤムチャ並みって言われてもわかりません。

会議の中で、
暗黙知を共有できるのか。

その表現方法は、
言葉やテキストだけではないんでしょうけど。

一方で、
いろんな感覚を知っていた方がいい。

高須さんはいろんなとこ行っていろいろ見たい、
って言ってました。

表現する者として、
いろんな感覚をもって、
身近でわかりやすい表現に落とし込むってことか。

書いてて思ったけど、
これは前に書いた気がしてきた。


ということで、
自分の好きな情報を取って行けばいいんじゃないの、
って結論でいいのか。

ポイントは流れてくる情報というよりも、
取りに行かないと入ってこない情報が重要ってことか。


国語の問題で作者の意図を訊く問いについての考察


GO三浦さんの言語化力。

まだ読み始めですが、
おもしろいですね。


作者が「何を書こうとしたのか」という問いにはほぼ意味がない。


これはいいですね。

その言葉でどう人は動いたのか、
を考えている三浦さんらしいところです。


私は学生時代に国語の点が悪かった、
っていうのを知ってる人は多いと思います。

何回も言うけど、
「作者の意図がわからない」。

理解力がないのも当然あるけど、
そもそもどう思うかは人によって違うだろと。

それを、
「こうだからこうだ」
と決めつけるのはどうなんよと。

アートもそうで、
どういう作品なのかを考えるのがいいのであって、
正解はあるんだろうけど、
どう思うかは人それぞれ。

固定観念はよくないし、
それによってクリエイティブな思考を制限させているのではないかと。


っていういいわけ。


AbemaTVのコメント欄でのツッコミについての考察


AbemaTVでドラえもんの映画祭り的なのが、
やってるみたいですね。

ちょっと見たら鉄人兵団がやってまして、
そのまま見てしまった。

もはやストーリーを覚えてないので、
どうなるのかと思ったら力技ですね。

おもしろいし、
なつかしいんですけど、
なつかしさの中に怖さがあったなと。

そして、
みんなのコメントがおもしろい。


ツイッターもそうですけど、
みんなで見てる感があります。

志村後ろ的な。

昔アニメを見ていて、
ツッコミどころってありましたよね。

多分いっぱいあった。

それを友達と話して盛り上がる。

それもアニメの面白さ。

何でそうなるんだ的な。

それをコメントで突っ込むわけですね。

大喜利的な感じなのかな。

現代のツッコミは、
ノリツッコミ以外にも個性的なツッコミで笑わせる感じもあるので、
そこも見せどころかもしれないけど、
物語はどんどん進むのでそれは無理か。

なので、
シンプルに短く突っ込むのがいいんでしょう。


特に鉄人兵団は、
ロボットがいっぱい出てくるわけですが、
ドラえもんもロボットなのがややこしい。

さああなたもチャレンジしてみましょう。


競技シューズの技術革新についての考察 2020新春


先日マラソンの靴が進化していて、
その影響なのか駅伝のタイムが伸びているという話を聞きました。

水泳の水着も進化してタイムが伸びてるって話が、
何年も前にあったなと思っていたら、
放送室でちょうどさっき聴きました。

裸でやれ、
卓球は手で打て、球もいらないって話ね。

陸上なら裸足ですよね。


競技シューズはどこまでいいんでしょうね。

もうルールも決まってるんでしょうけど。

ドクター中松のシューズとかいいんでしょうか。

すごい跳ねてどんどん進むのとか。

まあタイヤが付いたらダメですよね。

ローラースケートみたいに。

それはスケートですね。

靴じゃなくて。

義足も進化してますし、
その方が速い時代も来るでしょう。

完全にアウトでしょうけど、
原動機付義足とかね。

給水でガソリン入れたり。


お金をかけて、
いい製品を持ってる人が勝つのか。

スポンサーが付くとこまでのし上がったので、
それが実力なのか。

じゃあ記録とはなんなのか。

パラリンピックもいろいろ階級があるんでしょうね。


競技はそういう技術革新も見どころかな。


時間の流れが速くなっているのではないかについての考察


radikoで東京ポッド許可局を聴いています。

先週のは、
歳をとると時間の流れが速くなるのは、
なぜなのかって話。

50歳の1年は1/50、
5歳の1年は1/5って話は、
私もそう思ってました。

割合が違うって。

マキタスポーツさんは、
1日は24時間じゃないんじゃないか?
って言ってました。


サンキュータツオさんが言っていたのが、
なるほどと思った。

自分の自由な時間がないってこと。

1日は24時間ではなかった。

そのほとんどは、
やらなければならないこと。

予定が決まっていること。

大人になると、
仕事から帰って寝るまでの数時間しかないわけ。

赤ちゃんや小さい子供がいればなおさらです。

もはや自分の時間なんてないんですよ。

1日が1時間だとすると、
あっという間に1年が終わります。

この考え方はおもしろい。


若者もコミュニティがあるだろうから、
多分あっという間の1年でしょう。

都会の子供は塾行ったり、
予定が詰まってますよね。

田舎の子供は多分自由なんじゃないかな。

小学校は長いもんね。


徐々に美術館の入場者数が増えているのではないかという考察


NewsPicksで、
森美術館の塩田千春展が歴代2位の入場者数、
ってやってました。

コメントもしたけど、
これはすごい。

没入感がすごかったエルリッヒさんを超えてますからね。

期間はわかりませんが。


SNSは大きいですよね。

そして、
芸術祭が全国各地で行われている。

それがどんどん発信されている。

チームラボなどデジタルなものも、
昔はなかっただろう。

それがどんどん発信されている。

ネット上で、
アートに関することに触れる機会が、
増えていますよね。

そして、
行ってみようかなってなるのかな。

清津峡なんかもすごいですよね。

いまだに私は行ってませんが。

アートになって雑誌に発信されて、
個人に発信されて。


今後もアートは注目されて、
美術館や芸術祭にはたくさんの人が訪れると思います。

日本のアート市場はまだこれからでしょうし。



リアルからwebへの流れについての考察 2019


ヤンジャンの「童子軍艦」がwebへ。

これが最近の流行りってことでしょうか。

「魔風が吹く」もおもしろいのに紙からwebに移った。

ヤンジャンすごいな。

これはリアルで集客し、
webへ流すってことか。

何年も前からAmazon等も、
リアル店舗に力を入れているわけだし。

世界的な流れでしょうか。


ワンパンマンを知ったのは何だったか。

おそらく、
紙で見たからだと思う。

そして検索。

ヤンジャンすごいな。

リアルに毎週紙を出しているのは強い。

ここで告知してwebへの流れですね。

webだけではなかなか届かない。

それをリアルで補完。

今後もマスメディアを持っているのは、
強いですね。

プロ野球もそうなのかな。